三角形状分布荷重を受ける片持はりのたわみ

2022年7月21日更新

はじめに

三角形状分布荷重を受ける片持ちはりせん断力曲げモーメントおよびたわみをわかりやすく,そして詳細に計算する。

三角形状分布荷重を受ける片持はりのたわみ
三角形状分布荷重を受ける片持はりのたわみ

目次

検討モデル

三角形状に分布する荷重(以下,三角形状分布荷重。線形分布荷重ともいう。)を受ける片持はり(cantilever)のせん断力(shearing force),曲げモーメント(bending force)およびたわみ(deflection)を検討するモデルを図 1 に示す。片持はりでは,回転も移動もできない固定支点(fixed support)で支持される。

図1 三角形状分布荷重を受ける片持はり
図1 三角形状分布荷重を受ける片持はり

はりの先端 を $xy$ 座標の原点とし,$x$ については,固定支持方向を正,$y$ については,鉛直下向きを正とする。また,はりの長さは $l$ とする。

想定する荷重 $q(x)$ は,$q(x)=q_0 \cdot x/l$ の三角形状分布荷重とする。

用語の説明

曲げ荷重(bending load)
支持されたはりを曲げるように作用する荷重
分布荷重(distributed load)
ある領域に分布して作用する力
たわみ(deflection)
部材が外力などの作用によってわん曲したとき,荷重を受ける前の材軸線と直角方向の変位量

せん断力(shearing force)

はりを先端から $x$ の位置で切断すると,長さ $x$ の部分には図 1 に示すように大きさ $qx$ の荷重が下向きに作用し,これが右側断面に作用するせん断力 $Q$ とつり合っている。

\[ Q = -\int^x_0 q_0 \frac{x}{l}dx = -\frac{q_0}{2l}x^2 \]

最大せん断力は,$x=l$ で生じ,その大きさは次式で表される。

\[ Q_{\text{max}} = -\frac{q_0 l}{2} \]

せん断力図(SFD)

$q_0$ = 0.1 [N],$l$ = 1,000 [mm] としたときのせん断力図(SFD:Shearing Force Diagram)を図 2 に示す。三角形状分布荷重を受ける片持ちはりのせん断力は,単純減少する二次関数で表される。

三角形状分布荷重を受ける片持はりのせん断力図(SFD)
図 2 三角形状分布荷重を受ける片持はりのせん断力図(SFD)

最大せん断力は,$x=l$ で生じ,その大きさは次式で表される。

\[ Q_{\text{max}} = -\frac{q_0 l}{2} = -\frac{0.1 \times 1,000}{2} = -50 \text{ [N]} \]

曲げモーメント(bending moment)

曲げモーメントは,図 1 に示すように微小長さ $d\xi$ に作用する大きさ $q \cdot d\xi$ の荷重の点 O に関する曲げモーメントは $q \cdot d\xi \cdot \xi$ であり,これを長さ $x$ について積分したものが右側断面に作用する曲げモーメント $M$ とつり合っている。

\[ M = -\int^x_0 q_0 \frac{x-\xi}{l}\cdot d\xi \cdot \xi = -\frac{q_0}{6l}x^3 \]

最大曲げモーメントは,$x=l$ で生じ,その大きさは次式で表される。

\[ M_{\text{max}} = -\frac{q_0 l^2}{6} \]

曲げモーメント図(BMD)

$q_0$ = 0.1 [N],$l$ = 1,000 [mm] としたときの,曲げモーメント図(BMD:Bending Moment Diagram)を図 3 に示す。三角形状分布荷重を受ける片持ちはりの曲げモーメントは,単純減少する三次関数で表される。

三角形状分布荷重を受ける片持はりの曲げモーメント図(BMD)
図 3 三角形状分布荷重を受ける片持はりの曲げモーメント図(BMD)

最大曲げモーメントは,$x=l$ で生じ,その大きさは次式で表される。

\[ M_{\text{max}} = -\frac{q_0 l^2}{6} = -\frac{0.1 \times 1,000^2}{6} = -16,667 \text{ [N·mm]} \]

たわみ(deflection)

はりの先端から 距離 $x$ におけるたわみ $y(x)$ に関する微分方程式は,次式で与えられる。この式は,弾性曲線方程式(elastic curve equation)である。

\[ \frac{\text{d}^2 y(x)}{\text{d}x^2} = -\frac{M}{EI_z} = \frac{q_0}{6EI_z l}x^3 \]

ここで,$E$ は縦弾性係数(modulus of longitudinal elasticity)またはヤング率(Young's modulus),$I_z$ ははりの横断面の $z$ 軸に関する断面二次モーメントである。すなわち,この微分方程式は,「たわみの 2 階微分が曲げモーメントを剛性($EI_z$)で割ったものを負にしたものに等しい」ことを意味する。

片持ちはりの場合,はりを固定する支点は変位しないと考えるため,弾性曲線はたわみ曲線(deflection curve equation)と一致する。

たわみ曲線の微分方程式を順次 $x$(断面の位置)で積分し,たわみ $y$ を求める。

\[ \frac{\text{d}y(x)}{\text{d}x} = \frac{q_0}{6EI_z l}(\frac{x^4}{4} + C_1) \] \[ y(x) = \frac{q_0}{6EI_z l}(\frac{x^5}{20} + C_1 x + C_2) \]

ここで,$C_1$,$C_2$ は積分定数であり,はりの境界条件(boundary condition)から決定される。固定端($x=l$)において,$\text{d}y/\text{d}x=0$ および $y=0$ であるから,これらの境界条件より $C_1$,$C_2$ を求める。

\[ \frac{\text{d}y(l)}{\text{d}x} = \frac{q_0}{6EI_z l}(\frac{l^4}{4} + C_1) = 0 \] \[ C_1 = -\frac{l^4}{4} \] \[ y(l) = \frac{q_0}{6EI_z l}(\frac{l^5}{20} - \frac{l^4}{4} l + C_2) = 0 \] \[ C_2 = \frac{l^5}{5} \]

したがって,距離 $x$ におけるたわみ角 $\theta$ とたわみ $y$ は次式となる。

\[ \theta = \frac{\text{d}y}{\text{d}x} = \frac{q_0}{24EI_z l}(x^4 - l^4) \] \[ y(x) = \frac{q_0}{120EI_z l}(x^5 - 5l^4 x + 4l^5) \]

このようにしてはりのたわみを求める方法を重複積分法(double-integration method)という。

たわみは,はりの先端($x=0$)で最大となり,その大きさ $y_\text{max}$ は次式で求められる。

\[ y_\text{max} = y(0) = \frac{q_0}{120EI_z l}\times 4l^5 = \frac{q_0 l^4}{30EI_z} \]

たわみ曲線(deflection curve)

$q_0$ = 0.1 [N],$l$ = 1,000 [mm],$E$ = 200,000 [N/mm²],$I_z$ = 3,000 [mm4] としたときの,たわみ曲線を図 4 に示す。三角形状分布荷重を受ける片持ちはりのたわみ曲線は,単純減少する五次関数で表される。

三角形状分布荷重を受ける片持はりのたわみ
図 4 三角形状分布荷重を受ける片持はりのたわみ

たわみは,はりの先端($x = 0$)で最大となり,その大きさは 5.6 [mm] である。

\[ y_{\text{max}}=y(0) = \frac{q_0 l^4}{30EI_z} = \frac{0.1 \times 1,000^4}{30\times 200,000 \times 3,000} = 5.56 \text{ [mm]} \]

(補足)SFD,BMD,たわみ曲線のグラフ化

本ページに掲載しているせん断力図(SFD),曲げモーメント図(BMD),たわみ曲線は,Octave により描画した。

Octave で,集中荷重を受ける片持ちはりのせん断力,曲げモーメント,たわみを計算し,SFD,BMD,たわみ曲線をグラフ化するプログラムは,以下のページに掲載している。

inserted by FC2 system