目指せ!電気通信主任技術者

はじめに

そもそも電気通信主任技術者とは

電気通信主任技術者(Chief Telecommunications Engineer)は,電気通信ネットワークの工事,維持及び運用の監督責任者。

電気通信事業者は,その事業用電気通信設備を,総務省令で定める技術基準に適合するよう,自主的に維持するために,電気通信主任技術者を選任し,電気通信設備の工事,維持及び運用の監督にあたらなければならない。つまり,電気通信主任技術者となる資格があれば,電気通信事業者で重宝される存在になりえると言える。

電気通信主任技術者資格証の種類は,ネットワークを構成する設備に着目して,伝送交換主任技術者(Chief Transmission and Switching Engineer)線路主任技術者(Chief Line Engineer)に区分されている。資格者証は,電気通信主任技術者試験合格した者等に交付される。その試験では,電気通信主任技術者として必要な最低限の専門的知識及び能力について問われる。本サイトでは,電気通信主任技術者試験に合格することを目指す。

表 電気通信主任技術者資格証の種類
資格者証の種類 監督の範囲
伝送交換主任技術者資格者証 電気通信事業の用に供する伝送交換設備及びこれに附属する設備の工事,維持及び運用
線路主任技術者資格者証 電気通信事業の用に供する線路設備及びこれらに附属する設備の工事,維持及び運用

試験の種類と科目

電気通信主任技術者試験は,伝送交換主任技術者試験線路主任技術者試験の 2 種類ある。そして,試験科目は,法規設備及び設備管理専門的能力電気通信システムの 4 科目ある。

伝送交換主任技術者の専門的能力の試験科目では,伝送無線交換データ通信の専門分野のうち,いずれか 1 分野を選択する。一方,線路主任技術者試験の専門的能力の試験科目では,通信線路通信土木水底線路のいずれか 1 分野を選択する。

inserted by FC2 system